Spring Carol
忍者ブログ
聖歌隊と少年合唱と英国が大好きな管理人のブログ。
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日書いたロスコの作品ですが、日本では千葉県にある川村記念美術館に所蔵しているそうです!



先日買ったロスコの作品集をまたぱらぱらとめくりながら、海外ではどこに所蔵しているんだろうと観ていたのですが、主にアメリカに所蔵されているようです!ロスコ・チャペルなどもあるし。イギリスにもテートギャラリーに所蔵されてます。


てなわけで、行ってみたいとこリスト


1:川村記念美術館,千葉県(今年の夏には行けるはず!一度近場ですね)
2:Rothko Chapel,Houston,Texas(一気に遠ざかりましたね…!)
3:Fogg Art Museum,Massachusetts(テキサスからマサチューセッツて結構距離がありますね…)
4:Tate Gallery,London(Tate Brittenには行ったことがあるんですが…Tate Modernには行かなかったんですよね…あの頃はあまり現代アートに興味がなくて…今思えばもったいない…もっと色々な所に行けばよかったなと思います)


1はともかく2~4はいつか行ってみたいです…行ったら多分一日中美術館にいると思う…美術館ですごく気に入った作品があると一つの作品をずっとみていることがあります…椅子が置いてあると閉館までみていようかなとか思うこともあります…何か引き込まれるというか作品の前から動きたくなくなるんです。


PR
今日、本屋に立ち寄ったとき、何気なくアートのコーナーを見ていたら、去年の「美術手帳」5月号で紹介されていたマーク・ロスコの作品集を発見したので手にとってみました。


…何ていうんだろう…言葉で表すのは難しいけど…感動というか心に鮮やかな衝撃を与えられた…心というよりも精神の領域で感じるような…いやでも心かな…。作品によっては温かさや光を感じる。作品は色が長方形に塗られたりしている絵というのでしょうか…上手く説明できませんが観ていると絵に引き込まれます。ずっと観ていたいような…。


私はアートに触れるとき、たびたび、不思議な体験だなぁと思えてきます。理解というよりは感じることしかできないのですが…日常とは異なった経験をすることができるんだなぁと。


話は戻りますが、マーク・ロスコの作品ですが日本にも所蔵しているところがあるようです!展示されていれば見れるかもしれないですね…一度でもいいからロスコの作品の実物を見てみたいです!…また調べてみようっと!!




今日はお寺に牡丹を見に行きました。

花びらが大きく、とても華やかで美しかったです…!なのにデジカメの充電が途中で切れ悲しいことに…。かわりに携帯で撮りました!!!


そのお寺は修業僧が来るような大きなお寺でしたのでお経の合唱?が聞こえてきたときは、不思議な心地になり、この形容の仕方はしないものかもしれませんが…美しいな…と感じました。お寺とか神社の雰囲気って好きです。そこで深呼吸するとすごく清々しい心地になります。



先日読みたいといっていた本が、このヴィクトール・E・フランクルの「<生きる意味>を求めて」です。


一日で読んでしまいました…すごく興味深くて…ってもう日付が変わってる…!


逆境を乗り越えていく心理学…今この本に出会えてよかったと思う。フランクルの本を今日もう一冊買ってきたので早く読みたい…!けど明日…ていうか今日は仕事なのでもう寝よう!…ホントに読みたいけども…!諦めて寝ます。この一冊読めただけでも十分意味はあったので。
前にも書いたかもしれませんが、私はスケジュール帳兼日記帳兼英語学習として、「英語手帳-My English Organizer-」という本を愛用してます。かれこれ3冊目にして、やっと使い慣れてきました…f^_^;。(…遅すぎるとは思いますが…人見知りだけでなく、物見知りもあるようです…まあ不器用ってことなのか…?)


やっと英語でスケジュールを書いたり、決意やメモや日記も英語で書くのが楽しくなってきました!!おかげで本棚に入っていた辞書も最近は机の上が定位置です。英語力については自信無しですが、楽しく勉強中です!


この本は毎月エッセイが載っているのですが、それがまたやる気を与えてくれるというか、考えさせられることがあり、モチベーションを高めてくれます。毎日の英語レッスンも面白いです!


で、今ネガティブ思考がひどくどうにかしたかったのですが、この本のエッセイのおかげで読みたい本を見つけました…!ヴィクトール・E・フランクルというオーストリアの精神分析学者の著書です。「夜と霧」という著書でも有名ですが、私が読みたいのはまた別の本です。明日本屋に行ってなかったらamazonで買うつもりです(^-^)o
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(08/05)
プロフィール
HN:
Yumi
性別:
女性
趣味:
音楽鑑賞と絵描き
自己紹介:
少年合唱と聖歌隊と英国が大好きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]